Jpcanada留学センター

【広告】

注意事項:当サイトのコンテンツをご利用いただく全ての方は、利用規約に同意したものとみなします。 このサイトの掲示板は情報交換やコミュニケーションが目的で設置されています。投稿内容の信憑性については、 各個人の責任においてご判断下さい。全ての投稿において、投稿者には法的な責任があることをご認識ください。
また、掲示板上で誹謗・中傷を受けた場合は、速やかにサイト管理者までご連絡をお願いいたします。

ファミリールーム

出産、育児、家事、マイホーム、教育、…。海外での生活はいろいろと大変!
そんな悩みや情報をこの場で共有して、みんなで助け合っていきましょう。

「ファミリールーム」では、子供の教育に関連した募集広告を許容しております。


No.33096

子供の二重国籍

by 無回答 
from 無回答
 2018-11-08 09:56:37 CA

ティーンの子供がいます。そろそろ二重国籍について気になって色々調べ始めました。
下記の様に旅行のさいも、少しややこしい事も増えだしているのですね。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10162433860?__ysp=44Kr44OK44OAIOS6jOmHjeWbveexjSDlhaXlm70%3D

日本が好きで日本に関する事
http://jetprogramme.org/ja/eligibility/
や交換留学なども日本国籍を保持していると参加できないとか?

日本国籍を放棄しても、日本人の親の子として産まれると、日本滞在中活動制限のないビザが取得できるとも知りましたが、これは結局日本で扶養してくれる人がいて、収入の証明まで必要みたいで、成人となった子が利用できるビザではない感じですよね。

日本国籍放棄する手続きも、必要書類に日本のパスポートとあり、所持していない人は、
使わないのに、わざわざ一度日本のパスポートを作らないといけない?という。

どちらを選択しても、面倒ですね。はじめから取らなければ良かったのか?なんて
思ったり。

手続き終えられた方、大変でしたか?



不適切な内容を報告する
このトピックは2019年9月23日に過去ログへ移動されます。
トピック復活を希望される方はご意見掲示板に理由を含めてご連絡ください。
Res.11

by 無回答
from 無回答 2018-11-10 05:24:42 CA

自分の子供がカナダで生まれた時は日本国籍保留の届出をしました。
今はまだ小さく、これからどうなるか分かりませんが、私達夫婦はこのままカナダで暮らし、カナダで子育てして子供にカナダで教育を受けさせて行く予定です。
大人になり、自分で調べて判断して、自分の意思でどちらに住みたい・どちらの国籍を選択したいというなら、それが日本でもカナダでも止める気はありません。

ただ、私達夫婦の経験から、22歳は国籍という人生にも関わる重要な選択をするには、まだ少し経験不足な年齢でもある気がしています。
22歳のとき、私は大学を卒業して社会人1年目でした。まだ世間のことも、生活の基盤づくりなども良く分かっていなかったし、ライフプランも漠然としていました。
カナダで今の20代前半くらい人たちを見ていると、昔の私よりずっと堅実そうにしている人かが多いように思います。
ですが、私の子供が成人するころどうなっているかは全く分かりません。

ですから、子供が日本と触れる機会があまりないまま国籍選択の期限があと数年まで近づき、本人が日本に強い興味を示していそうなら、日本への留学なり1〜2年間住んでみるなどしてカナダと日本両方を体験し、納得した上で国籍選択できるようサポートしていきたい、と思っています。


不適切な内容を報告する

Res.12

by 無回答
from 無回答 2018-11-10 06:30:05 CA

私がカナダの大学生だった頃の話なので状況は変わっているのかもしれませんが。

トロント大学に通っていた日系2世2重国籍の子が、カナダ人として京都大学に国費留学することになっていました。が、日本国籍所持していることがバレ、奨学金は停止、無効となり、留学できませんでした。

2重国籍で失敗例です。

不適切な内容を報告する

Res.13

by 無回答
from 無回答 2018-11-10 07:48:21 CA

>日本への留学なり1〜2年間住んでみるなどしてカナダと日本両方を体験し、納得した上で国籍選択できるようサポートしていきたい、と思っています。

と書いていらっしゃいますが、

>自分の子供がカナダで生まれた時は日本国籍保留の届出をしました。

届け出を出したということはすでにもう日本人ってことじゃないのでしょうか?

不適切な内容を報告する

Res.14

by 無回答
from 無回答 2018-11-10 08:49:10 NL

Res13
横からですみません。

>>自分の子供がカナダで生まれた時は日本国籍保留の届出をしました。
>
>届け出を出したということはすでにもう日本人ってことじゃないのでしょうか?

日本国籍保留届けとは日本国籍を選択するという意味ではなく、一時的に日本とカナダの二重国籍を持つための手続きだと思えばよろしいかと思います。

カナダで出生した時点でカナダ国籍はほぼ問題なく取れますが、日本国籍は一定の期間内に自分から届け出ないと取得できません。

不適切な内容を報告する

Res.15

by 無回答
from 無回答 2018-11-10 10:48:50 CA

やっぱり問題ないみたいよ?
http://ymlaw.txt-nifty.com/blog/2016/11/post-f36f.html

弁護士のページだけど

「フランス国籍をやめます」と日本に向かって宣言しても,
それで自動的にフランス国籍がなくなるわけではありません。
外国の国籍をやめられるかどうかは,その国が決めることだからです【★15】。

その宣言をしたあと,その人が本当に外国の国籍をやめたかどうかまで,日本にはわかりません。
両方の国籍を持ち続けることは,日本の国籍法のしくみからすると,じゅうぶんありうることです【★16〜18】。なので,その宣言をした後も,両方の国籍を持ったままの人は,たくさんいます。

の補足 17で
【★17】 「重国籍者が,日本国籍の選択宣言をした場合に,前述のように当該外国の国籍を喪失するかどうかはその外国の法令の定めるところによる。…たとえ外国国籍を喪失しない場合でも,既(すで)に選択義務は履行(りこう)しているので,法務大臣から改めて選択の催告(国籍法15条1・2項)を受けることはないし,また,催告に基(もと)づく日本国籍の喪失(同法15条3項)ということもない」(法務省民事局法務研究会編「国籍実務解説-各国別主要先例・判例付-」87頁)

要は、国籍選択宣言をした上でカナダ国籍を維持(外国籍を喪失してない)してるけど、選択の催告もこれ以降はないし、喪失もしないって事と認識してるけど?

不適切な内容を報告する

Res.16

by 無回答
from 無回答 2018-11-10 13:36:46 CA

15さんのリンク先やコメントによると、日本国籍以外を放棄する「努力義務」はないってことなんでしょうか。

不適切な内容を報告する

Res.17

by 無回答
from 無回答 2018-11-10 14:02:21 CA

法務局としては選択義務は履行してるので、それ以上法に問われる事は無いって事でしょ?

もし問われるのであれば23歳以上の国籍選択をした、日本に住んでいるアメリカやカナダのハーフの人達が片親の国籍である米や加の国籍を維持していた場合、国籍をはく奪され、不法滞在で国外退去になる訳だし。

ダルビッシュ選手なんかも23歳を超え、日本の国籍を選択してるけど、イランの国籍は離脱してない。

不適切な内容を報告する

Res.18

by 無回答
from 日本 2018-11-10 15:42:34 JP

まだティーンだとぴんとこないかと思いますが、面倒が発生するとしたら
日本での相続の際でしょう。
相続の手続きでは被相続人の出生から死亡するまでの戸籍、相続人の戸籍謄本などを
税務署や金融機関に提出します。
手続きに必要なだけで、二重国籍を解消せよとはなりませんが。
知人がカナダ在住、日本国籍で日本に住民票を置いたままカナダで亡くなりました。
お子さんは日本とカナダの二重国籍でしたが日本語はほとんど話すことができず、税務署、金融機関の対応に苦慮されていました。

不適切な内容を報告する

Res.19

by 無回答
from バンクーバー 2018-11-10 16:25:43 CA

>面倒が発生するとしたら日本での相続の際でしょう。

もしお子さんが二重国籍でなく、カナダ国籍のみだったとしても、相続する時は同じような面倒があるのではないでしょうか?

不適切な内容を報告する

Res.20

by 無回答
from 日本 2018-11-10 18:17:09 JP

>もしお子さんが二重国籍でなく、カナダ国籍のみだったとしても、相続する時は同じような面倒があるのではないでしょうか?

そうですねぇ、完全に一切、日本と関係が無くなっていれば良かったのですが。
国籍選択の機会があるときに将来も含め本人の意思と家族の話し合いがあれば、
相続問題も一緒に議論されたほうがよいでしょうね。

亡くなった知人はアメリカをビジネスの拠点とし、カナダ在住で中国、日本との取引がありました。
相続の際に税務署にアメリカ、カナダ、中国、日本の銀行口座を調査されなんだか
お気の毒でした。
知人は証券会社にも口座があったのですが、非居住者は口座を作れないので株式の売却をすすめられていました。当時は日本の株式は安かったのでお子さんは一旦日本の住民になり口座をつくり株式を維持する選択をしました。
その後保有株式の株価の上昇があったので売却したのですが、親御さんがいつその株を購入したのか不明で売却額の95%に課税されることになりました。

国籍を考える際に、起こりうる相続にも考えをめぐらしてあげてほしかったなと思います。

不適切な内容を報告する

 古い10件を表示 新しい10件を表示 
  返信No:  1-   11-   21-   31-   41-   51-  
コンテンツフィルタ:ON

安全にサイトを閲覧していただくため、コンテンツフィルタをONに設定してあります。
全てのコンテンツを閲覧したい場合は、フィルタをOFFにしてください。

»コンテンツフィルタとは?