Jpcanada留学センター

注意事項:当サイトのコンテンツをご利用いただく全ての方は、利用規約に同意したものとみなします。 このサイトの掲示板は情報交換やコミュニケーションが目的で設置されています。投稿内容の信憑性については、 各個人の責任においてご判断下さい。全ての投稿において、投稿者には法的な責任があることをご認識ください。
また、掲示板上で誹謗・中傷を受けた場合は、速やかにサイト管理者までご連絡をお願いいたします。

お役立ち情報・プレゼント

バンクーバーをはじめとしたカナダのコミュニティ・ショップ・レストラン・
ホスピタリティーサービスからの最新お役立ち・オトク情報が満載!

お役立ち情報・プレゼント トップ


No.155

Zakkushi - Main店 - ではキッチンスタッフを募集中

by zakkushi from バンクーバー

最新情報

by 無回答
from 無回答 2019-01-22 16:22:30 US

ざっ串 - Main店 - では人材募集を行っております。
 ・ホームページ http://www.zakkushi.com/main/
 ・住所 4075 Main Street, Vancouver B.C. V5V 3P5

お洒落なMain通り沿いで、英語環境化の居酒屋で働きませんか?
ビザが短くても未経験者でも、お気軽にお問合せください。

≪仕込みスタッフ≫ 
 ・時給$12.65(スキルにより昇給あり)
 ・勤務時間:9:00-17:00の間でシフト組可能です。
 ・勤務日数:週2〜5日より(応相談)
‐仕事内容-
 串打ちから商品全般の仕込み。
 食材の取り扱い、包丁スキルも1から学べます。

≪キッチンスタッフ≫
 ・時給$12.65+TIP(スキルに対し共にUPあり)
 ・勤務時間:16:45から24:00の間でシフト組可能です。
 ・勤務日数:週2〜5日より(応相談)
-仕事内容-
  ディッシュウォッシャー、調理、商品提供まで色々。

※Serving it Rightについては面接時にお話します。

《ベネフィット》
 *バスパス1ゾーン分の交通費支給(出勤日数による規定あり)
 *スタッフディスカウント(規定あり)
 *バケーションペイ
 *ホリデーペイ

≪社員雇用からビザサポート≫
 弊社はフルタイマー雇用を積極的に行っております。
 ワークビザ、ビザサポート等も視野に入れた社員雇用制度もございます。
 ビザサポート、ワークビザにご興味のある方はお持ちの「ビザの有効期限」
 「レジュメ」「希望ポジションと志望動機」を明記の上、ご連絡ください。
 ※ビザサポートに関してはビザの有効期限が6ヵ月以上ある方のみとさせて頂いております。

詳しい内容等、ご不明な点がありましたら下記、応募アドレスまでお問い合わせください。

ざっ串メイン店(zakkushimain@hotmail.com)

スタッフ一同、皆様のご連絡心よりお待ちしております!

ビジネス概要

Zakkushi Group
名称
Zakkushi Group
営業時間
ざっ串(Denman店、Main店) 月‐木(17:30-24:00 ) 金・土(17:00‐25:00) 日(17:00‐24:00)
麺ヤ雷蔵 月‐金(11:30-14:30/17:00-22:00) 土・日(11:30-15:30/17:00-22:00)
電話番号
ざっ串-Denman店- (604-685-1136)
ざっ串-Main店- (604-874-9455)
麺ヤ雷蔵 (604-829-0697)
所在地
ざっ串-Denman店- (823 Denman Street, Vancouver B.C. V6G2L7)
ざっ串-Main店- (4075 Main Street, Vancouver B.C. V5V 3P5)
麺ヤ雷蔵 (401 W Broadway, Vancouver BC V5Y 4A8)
業種
ざっ串(Denman店、Main店) 焼き鳥居酒屋
麺ヤ雷蔵 ラーメン
サービス概要
飲食(焼き鳥居酒屋/ラーメン/すし屋)。カナダを中心にVancouver3店舗、Toronto3店舗で展開。

Zakkushi Groupとは

「おもてなし」を通じて和食の文化を世界に広める企業です。
備長炭を使用した本格焼き鳥のおいしさを伝える「ざっ串」と、
既存のラーメンの概念にとらわれず新しいラーメン文化に挑戦する「麺ヤ雷蔵」の2つの業態を軸に展開中。
異国の地で仕事を通じて多くの人々と文化にふれ、共に成長をしていきたい。
夢を持ち目標に向かって頑張っている人材にチャンスの場を提供できる企業を目指しています。

Zakkushi Group
Zakkushi Group
Zakkushi Group

   
  返信No:  1-