Jpcanada留学センター

注意事項:当サイトのコンテンツをご利用いただく全ての方は、利用規約に同意したものとみなします。 このサイトの掲示板は情報交換やコミュニケーションが目的で設置されています。投稿内容の信憑性については、 各個人の責任においてご判断下さい。全ての投稿において、投稿者には法的な責任があることをご認識ください。
また、掲示板上で誹謗・中傷を受けた場合は、速やかにサイト管理者までご連絡をお願いいたします。

本音でバトル

ひとつのテーマに沿って「賛成」「反対」を主張し討論する場。
皆さんの本音、意見をぜひお聞かせください。


No.269

カナダでマリファナ合法になりましたね!

by バンクーバー人 
from バンクーバー
 2018-12-26 15:38:15 CA

2018年10月17日にカナダで嗜好品大麻が合法になって、2ヶ月が経ちました。

個人的に街を歩いていてもそんなに変わった印象を受けませんが、結局のところ、タバコやお酒と同じ様にする人もいるし、しない人もいる様に、マリファナが合法になったからって、マリファナ吸う人が増えた印象はないかなと思いますが。

みなさん何かお気づきのことがあれば教えてください。

不適切な内容を報告する
このトピックは2020年5月13日に過去ログへ移動されます。
トピック復活を希望される方はご意見掲示板に理由を含めてご連絡ください。
Res.21
反対

by 無回答
from 無回答 2019-01-01 20:03:44 US

勘違いしてる人がいるかもしれないので、念のために言っておきます。

マリファナが健康にいいなどという研究結果はありません。
医療目的のマリファナというものは存在しますが、あれは症状を和らげるだけであって回復を促すものではありません。

あと誰も触れてなかったけど、カナダで合法的にマリファナを使っても、日本に帰った瞬間に大麻取締法違反で逮捕される可能性はあります。

議論することは大いに結構ですし、今後さらに研究を進めて有益な情報が出てくる可能性ももちろんありますが、単純に「問題ないからみんなも吸いなよ」などと言う不届き者が出ないことを祈ります。

不適切な内容を報告する

Res.22
反対

by 無回答
from 無回答 2019-01-01 21:07:30 CA

ただ、合法だけど酒とタバコの方が健康には悪いよ。大麻吸う代わりにタバコも酒も辞められた多分そっちの方が健康的。

ま、往々にして全部辞められないって人が多いんだろうけど(笑

中毒性と呼吸器系への影響はタバコが、血圧や内臓疾患には酒の方が害があるからね。

大麻も吸引するから呼吸器系への害は確実にあるけど、吸引量が各段に多いのでタールやニコチン程の害はないよ。

まぁ国籍関係なく大麻を所持した事のある誰もが日本に入った瞬間に大麻取締法違反で逮捕される可能性はあるから、別に良いんじゃないの?自分の責任で好きにすれば。

不適切な内容を報告する

Res.23
反対

by 無回答
from 無回答 2019-01-01 23:45:56 CA

私はタバコもお酒も嫌いなので、タバコやお酒より害がないというのはまったく何の意味もなさない理由でしかありません。タバコもお酒もなくなればいいと思ってますから。比べる基準がそもそも間違ってます。
それでも、タバコを吸って異常行動を起こす例は少ないけど、マリファナでおかしな行動をしたり目がいっちゃってる人はよくいますね。健康被害のみが安全基準だというのがそもそもおかしいです。一つの局面だけを見て無理やり安全だと言い張ってるだけですね。

不適切な内容を報告する

Res.24
賛成

by バンクーバー人
from バンクーバー 2019-01-02 10:43:18 CA

> Res.21

「マリファナが健康にいいなどという研究結果はありません。」

言い切ってますがソースはありますか?
マリファナにはCBDとTHCという成分が含まれています。
CBDは、癌をはじめ、難治性のてんかん、認知症、ADHD、糖尿病、自閉症、うつ病などの病気に効果があると期待されています。
THCは、不眠症、食欲減退、うつ病、リラックス効果などが期待されます。

個人的な意見ですが、酒もタバコもマリファナももちろんやらない方がもっとも健康的だと思います。どれも適度な使用は体には害は低いと思いますし、もちろん個人差によってですが、精神的なリラックス効果が得られると思います。ただどれも依存するなら、いずれも精神的、肉体的に害があると思います。


「あと誰も触れてなかったけど、カナダで合法的にマリファナを使っても、日本に帰った瞬間に大麻取締法違反で逮捕される可能性はあります。」

逮捕される可能性はあるかもしれませんが、カナダ国内で完結しているならば、使用したものが帰国した後に大麻取締法の適用はないと考えるべきです。
その理由は下記の記事をお読みになればお分かりになると思います。

記事「カナダで大麻を使用して帰国した日本人旅行者や留学生は大麻取締法によって処罰されるのだろうか」
https://news.yahoo.co.jp/byline/sonodahisashi/20181018-00100964/


議論することは大いに結構ですし、今後さらに研究を進めて有益な情報が出てくる可能性ももちろんありますが、単純に机上の空論にならないことを祈ります。
(マリファナの効果の)経験もなく、(インターネット、マスメディアの)知識だけで語るほど、中身のない議論になってしまいます。

不適切な内容を報告する

Res.25
反対

by 無回答
from 無回答 2019-01-02 16:18:53 CA

>タバコを吸って異常行動を起こす例は少ないけど、マリファナでおかしな行動をしたり目がいっちゃってる人はよくいますね

その理屈ですと他者の権利の迫害度合いが高い嗜好品は

1,飲酒による理性低下に起因する暴力や致死と言った他者の生きる権利の迫害
2,タバコによる副流煙により他者へ健康被害
3,大麻の匂いによる、いい匂いを嗅ぎたいという権利の迫害(腋臭持は迫害者?)、リラックスし、ぼーっとした人を見たくないという権利の迫害(生来のそういう顔や個性の人は迫害しているのか?)

になりますよ?ダウナー系の大麻が暴力的な異常行動を引き起こすという事は無いですので。

自分もどれも摂取しませんが、個人的には愚行権も認めるべきという信条と、(国が安全の為に個人を規制していくべきという考え方は、突き詰めると自由を制限し、個人の追跡を容易にする中国の様な管理社会が一番という事に成っていきます)と、

やむを得ず規制すべきという物があるにしても、他人の権利をより多く害している物から規制すべきという観点から、自分は「1,アルコール、2,タバコ、3,大麻」の順で規制の議論をしていってほしいと思いますね。

個人的にはハードドラッグでオーバードーズしようが他人を害さない限り「他人がバカやって死ぬ」話なんで好きにすればいいと思ってますよ。断崖絶壁傍で自撮りして落ちて死ぬ人と同じ感じです。
結局ハードドラッグも「摂取してる限り」禁断症状も出ない訳で(早死にしますが、好きにすればいい)、一生遊んで暮らせる人は好きにすればいいのにと思います。

余程老人が車の操作を誤って子どもに突っ込むとか、逆走してとかのニュースをみると、竹下通につっこむとか見ると、「テロや殺人の道具に簡単に変わる」車の方を早く規制すべきだと思いますけどね。

不適切な内容を報告する

Res.26
賛成

by 無回答
from 無回答 2019-01-02 16:32:46 CA

レス24
一応日本の法律上だと、日本がその気になったらカナダで大麻を楽しんだカナダ人を日本で逮捕する事が可能。

ま、そういうめちゃくちゃな法律だから適用される心配は無い。ってのが大半の人間の考え。
ただし頭がおかしい政治家が舵取りし始めた時はどうなるか分からないので絶対安心とは言えないのも現実。

不適切な内容を報告する

Res.27
反対

by 無回答
from 無回答 2019-01-02 23:05:13 CA

少なくとも私の住んでいる地域では公道で酔っ払って他人に迷惑をかける人がめったにいないので、個人的にはお酒はどうでもいい。でも酒を飲んで運転とかは極刑にすべき。
タバコは百害あって一利なしで言うまでもなくだめ、マリファナも臭いで他人に迷惑かける時点でだめ。
個人的な経験からは道を歩いていて危険だと感じたのはドラッグかマリファナで酒では一度もありません。ドラックは完全にいってしまっているので言ってる事も行動もまともじゃないし、マリファナはにたにたしてる人が多く、道の一部を陣取ったりしていて迷惑です。

24の言うマリファナのベネフィットはあくまでも医療用であって、健康な人にはなんの利点もないと思う。
それに害がなかったとしても禁断症状がでないとしても、辞めらない人を知っています。だから、人により依存性は若干でもあるのかと。健康な人でも吸いたくなるとしたら他の方法でリラックスする術をしらないか、依存してしまっているからでしょう。嗜好品として楽しむのは勝手ですが、タバコ同様煙の臭いをばら撒かないというエチケットが守れない人は吸うべきじゃないです。

それとマリファナが簡単に吸えるようになって、気軽に考える人も多くなって、いくら規制しても100%車の事故がでてくるでしょう。
マリファナを外で吸って他人の迷惑を顧みないような人たちはいろんな意味で配慮に欠ける人だと思います。これはタバコも同様です。歩きタバコとか、最低です。

不適切な内容を報告する

Res.28
反対

by 無回答
from 無回答 2019-01-03 03:08:48 CH

>マリファナにはCBDとTHCという成分が含まれています。
>CBDは、癌をはじめ、難治性のてんかん、認知症、ADHD、糖尿病、自閉症、うつ病などの病気に効果があると期待されています。
>THCは、不眠症、食欲減退、うつ病、リラックス効果などが期待されます。

これって体の具合が悪くなった時、症状を緩和するだけであって治療するわけじゃないよね?
健康にいいって意味じゃないじゃん。
それとも癌が感知するという研究結果でもあるの?
もし健康にいいっていうのなら、子供に毎日吸わせようよ。


>逮捕される可能性はあるかもしれませんが、カナダ国内で完結しているならば、使用したものが帰国した後に大麻取締法の適用はないと考えるべきです。
>その理由は下記の記事をお読みになればお分かりになると思います。
>
>記事「カナダで大麻を使用して帰国した日本人旅行者や留学生は大麻取締法によって処罰されるのだろうか」
>https://news.yahoo.co.jp/byline/sonodahisashi/20181018-00100964/

読んでみたけど、これって一弁護士の一解釈じゃん。
最高裁の判決でもなんでもないよね?
それに著者も可能性があることは最後で認めてるよ?

>かりに、大麻取締法が刑法第2条ではなく、この「第3条の例に従う。」としていたならば、カナダで行われた大麻使用であっても、理論的には大麻取締法は適用可能であるということになります。(了)


医療用大麻がどれだけ有益なのか不明なので完全反対ではないけれど、一部の「マリファナは問題まったくなし」「日本でも100%逮捕されない」というそれこそ根拠のないデマには絶対反対。

不適切な内容を報告する

Res.29
反対

by 無回答
from 無回答 2019-01-03 15:21:23 CA

法律なんて、普通の人は「何割程度の確率でつかまるか?×捕まった時の罰則の重さ-法を犯したときの利得=その法を順守するべき」か判断してる

10%の検挙率でも罰則が死刑(なり財産没収でもいいが)ならば抑止力になる。
ただ検挙率が0ならどんなに罰則が重くても抑止にならない。

40km制限の一般道を41km/hで走っても検挙率が0だから、誰も守らないのと同じ。
国外なら猶更。

とりあえず、カナディアンなり日本人なりが日本に帰国して大麻取締法違反違反で捕まったら「海外所持で捕まる」と書けばいい。

それでも大麻所持経験ある人が年20万人程入国して、検挙が1なら検挙率としては0.0005%、正直無視できる確率。

検挙率(数)が「0」であるという今。机上で可能性があると書かれても、あまり意味のある話ではないね。

可能性を言い出せば、韓国と軍事衝突が起きたり、北朝鮮が日本に核ミサイルをうつ可能性の方が高いんじゃないかな?

不適切な内容を報告する

Res.30
反対

by 無回答
from 無回答 2019-01-03 15:56:47 NL

>法律なんて、普通の人は「何割程度の確率でつかまるか?×捕まった時の罰則の重さ-法を犯したときの利得=その法を順守するべき」か判断してる

お前の周りにはモラルがない人間しかいないということはよく分かった

不適切な内容を報告する

 古い10件を表示 新しい10件を表示 
  返信No:  1-   11-   21-   31-   41-   51-   61-   71-   81-  
コンテンツフィルタ:ON

安全にサイトを閲覧していただくため、コンテンツフィルタをONに設定してあります。
全てのコンテンツを閲覧したい場合は、フィルタをOFFにしてください。

»コンテンツフィルタとは?