Jpcanada留学センター

注意事項:当サイトのコンテンツをご利用いただく全ての方は、利用規約に同意したものとみなします。 このサイトの掲示板は情報交換やコミュニケーションが目的で設置されています。投稿内容の信憑性については、 各個人の責任においてご判断下さい。全ての投稿において、投稿者には法的な責任があることをご認識ください。
また、掲示板上で誹謗・中傷を受けた場合は、速やかにサイト管理者までご連絡をお願いいたします。

フリー掲示板

この掲示板はノンジャンルです。あなたのささいな質問から
仲間内の自由なおしゃべりまで、ご自由にご利用下さい。


No.39280

Residential tiesについて

by Can 
from 無回答
 2021-12-06 00:45:53 JP

Tax Return/Residential tiesについて教えてください。

毎年、タックスリターン時のソフトウェアの質問項目で、
1月1日(12月31日でしたらごめんなさい)カナダ、BC州にいましたか?という質問があります。
カナダ、BC州に住んでいればもちろんYESにチェックしますよね。
でも例えば、カナダにResidential tiesがあり、第三国に旅行している場合(例えば2年とか3年とか)はカナダに居住という扱いでよろしいのでしょうか?
(カナダにいなくてもResidential tiesがあるかどうかによって居住者か、または非居住者に分かれるという認識でよろしいのでしょうか?ただ、183日ルールなどもあり、そちらを優先するべきなのでしょうか?)

参照先です
https://turbotax.intuit.ca/tips/how-to-determine-residential-ties-to-canada-12108

現在、私は海外におります。一応カナダにはResidential ties があり、Tax return時には居住者としてチェックしております。
またTax return時の情報などは嘘偽りなく(当たり前ですが)記入して申請しております。

普通の人から見たらとてつもなく変な質問だと思います。おそらく同じような境遇の人はいらっしゃらないとは存じますが、似たようなシチュエーションの方、または法律にお詳しい方、アドバイスをください。よろしくお願いいたします。

長々と、ご拝読賜りありがとうございました

不適切な内容を報告する
このトピックは2022年10月9日に過去ログへ移動されます。
トピック復活を希望される方はご意見掲示板に理由を含めてご連絡ください。
Res.1

by 無回答
from 無回答 2021-12-06 14:05:55 CA

Residential tie があって海外に滞在してる場合はfactual resident という区分になり、resident と同じ扱いで大丈夫です。
例えば極端な話、カナダにアパートを借りつつ、1年中海外を放浪していた場合とかですね。

不適切な内容を報告する

Res.2

by Can
from 無回答 2021-12-07 18:18:35 JP

Res1さん、ご回答いただきありがとうございます!
早速レス1さんがおっしゃった、Factual residentについて調べました。
”You are a factual resident of Canada for tax purposes if you keep significant residential ties in Canada while living or traveling outside of the country”(一文だけ抜粋しました。)
私はまさしくこの文章の通りの状況です。

ただ、183日ルールで私のresidency status をチェックすると、私は非居住者になります。でもそのexceptionがfactual residentということになるんでしょうか?

ご存知でしたら教えてください!

不適切な内容を報告する

Res.3

by 無回答
from バンクーバー 2021-12-07 18:39:46 CA

タックス上で居住者かどうか、というのなら、無理矢理でも居住者で申請できるでしょうが、後々調整される恐れがあります。
その際には、居住者である証明を出して申し立てしなければならないと思います。

例えば自分の名前で契約しているアパートがあり、配偶者か家族もこちらにいて、仕事は休職扱いになっていて、長期旅行中のような状態。
例えば、旅行先で病気か何かになって帰ってこれない状況だとか、そういう場合であれば保険も銀行も使い続けるわけですし、居住者と認められるんじゃないかと思います。
個々の状況は、RCAが判断決定します。

引用の部分が自分に当てはまると思うなら、居住者にすればいいし、その場合、調整されて追徴金があったり、異議申し立てする覚悟があればいいんじゃないでしょうか?
でも、実際に住んでいなくてそこまでして居住者にする利点ってありますか?
もし、収入ゼロで補助金やGST還付のために居住者にしておきたいなら、真っ先に調整されるグループでしょうね。

不適切な内容を報告する

Res.4

by 無回答
from 無回答 2021-12-07 19:41:32 US

私も疑問に思ったのでググってみました。

https://kalfalaw.com/the-183-day-rule-in-canadian-tax-residency/

↑トピ主さんの疑問に答えてると思います。
183日ルールは、farcical resident ではない人に適用されるという事じゃないでしょうか。

トピ主さんがPRの場合は、730日ルール(カナディアンのパートナーと一緒ではない場合)だけ気をつければ良いのではないかと。

不適切な内容を報告する

Res.5

by Can
from 無回答 2021-12-07 21:49:00 JP

Res3様ご回答いただきありがとうございます。
Res4様ご回答いただきありがとうございます。

レス3様>レス3様がおっしゃる様に実際に住んでいなくてそこまでして居住にする利点ってないんです。特に補助金もいただいているわけでもないですし。GST還付はもらっていますが、もしも非居住者(まだわかりませんが)になったときにでもお返ししようかとも思っています。
ただ単に、カナダに帰るつもりでいるのでカナダ確定申告をしていましたが、もしかしたらCRAの判断によっては調整されるかもしれませんね。ペナルティーみたいなものはあるのでしょうか・・・・

レス4様> リンクまで添付していただきありがとうございます。拝見いたしました。
本文を要約すると、仮に183日を超えて海外にいても、カナダと私に密接な関係があれば(例えば家があり、銀行口座、運転免許証、保険証などなど)カナダの居住者として納税義務があるってことですね(間違っていたら御免なさい)。日本には住所もありませんし(除票してあります)、今いる国ではカナダの銀行カードを使って毎月お金を引き出して生活している状況です。そう考えると、カナダとの結びつきが強いのは確かです。

みなさま、いろいろと調べてくださり、ありがとうございます。

不適切な内容を報告する

  返信No:  1-  
コンテンツフィルタ:ON

安全にサイトを閲覧していただくため、コンテンツフィルタをONに設定してあります。
全てのコンテンツを閲覧したい場合は、フィルタをOFFにしてください。

»コンテンツフィルタとは?